東京で心理学セミナー・イベントを体験するなら【B-semi】へ~良いストレスと悪いストレス~

東京で心理学セミナー・イベントを体験するなら【B-semi】へ~良いストレスと悪いストレス~

東京で心理学セミナー・イベントを気軽に体験!~アクセスに便利な会場で楽しく学べる~

東京で心理学セミナーをお探しの方は、【B-semi】の各種セミナー・イベントへお越しください。

人気のNLPセミナーをはじめ、一躍心理学ブームを巻き起こした「アドラー心理学」のワークショップセミナー、TA(交流分析)講座、カラーメンタリスト養成講座など、仕事やプライベートに活かせる心理学セミナーを開催しています。短期間で気軽に体験できるコースを多数ご用意していますので、お気軽にご参加ください。

東京にある会場は、田町駅から徒歩3分、三田駅から徒歩1分とアクセスにも便利です。東京で心理学セミナーに興味のある方はどうぞお問合せください。

ストレスには「良いストレス」と「悪いストレス」がある?~捉え方を変えるリフレーミング~

「ストレス」という言葉を聞くと、心理的・身体的にマイナスな状況をイメージしがちです。しかし、ストレスにも「良いストレス」と「悪いストレス」があります。

例えば、何か新しいことに挑戦するときは、必ずストレスを伴います。しかし適度なストレスは、目標に向かって努力する意欲やエネルギーとなり、自分を高める上で良い刺激となるのです。一方、悪いストレスは、つらい状況の中で自分を追い詰めてしまい、心身に様々な不調が現れます。

そのようなストレスも、考え方によって気分や感情を変えることができます。ぜひ知っておきたいのが、NLPにおける「リフレーミング」という概念です。リフレーミングとは、出来事の枠組み(フレーム)を変えることで、別の視点を持たせることです。

例えば…

  • コップに半分水が入っているとき、「もう半分しかない」と考えるか、「まだ半分もある」と考えるかで、物事の捉え方は大きく変わってきます。
  • 電車に乗り遅れたとき、「遅刻してしまう」と考えるとストレスを感じますが、「次の電車までコーヒーを飲む余裕ができた」という見方もできます。
  • 仕事でミスをしたとき「自分はダメだ」と考えるか、「次の成功に繋がるいい経験だ」と捉えるかで、気持ちはずいぶん違ってきます。

こうして視点を変えることで、本来なら多大なストレスになる出来事でも、前向きに捉えることができるようになるのです。
ストレスを単にプラスかマイナスかで判断するのではなく、ストレスがどのように自分にとって役に立つ存在なのか、リフレーミングで別の視点から捉えてみましょう。そうすることで、気持ちを切り替えるのに役立ちます。

お役立ちコラム

東京で心理学セミナーを受けるなら【B-semi】へ

スクール名 BIZTecトレーニングセンター
本社所在地 〒108-0014 東京都港区芝5-19-4 芝5ビル 5F
TEL 03-5444-6021(代表)
URL https://b-seminars.com