■NLPとは何?

NLPビジネスプラクティショナーコース」とはどのようなセミナーなのでしょうか?

その前に、 NLPって何ですか?」 という質問があるかもしれません。

まずNLPについて簡単にご説明したいと思います。

NLPとはNeuro-Linguistic Programmingの略称であり、日本では「神経言語プログラミング」と訳されています。心理学と言語学をもとに開発された、コミュニケーションや能力開発、対人支援、ビジネスなどに応用されている、人の行動や心理を科学したテクノロジーです。

心理学といってもユングやフロイトを代表とする一般的な心理学とは少し趣を異にしています。『実際の生活や仕事の中で使えることこそが一番重要』という考え方を、全ての前提において構築されており、通称「実践心理学」とも呼ばれているのです。

NLPとは、人々にどのようにして人生の質を高めるのかを教える方法論であり、人のあり方であり、そのためのテクノロジーそのものなのです。そして自分自身や他人とより効果的にコミュニケーションをとる方法を教える教育的ツールでもあるのです。

NLPは、よくこのように説明されることがあります。

 

「NLPとは脳の取扱説明書である。」

「NLPとは人の主観的体験の構造を研究した学問である。」

「NLPとは生き方でやり、態度であり、方法論であり、テクニックである。」

 

つまり、一言でまとめるなら、NLPとは、人の行動や思考、感情や習慣の一つ一つをプログラムとして理解し、そして、そのプログラムをよりよく変化させるための方法論」 だということです。

NLPは、1970年代アメリカで二人の天才によって作られました。それは、NLPの創始者であるリチャードバンドラー博士とジョングリンダー博士です。この若き二人の天才が、当時アメリカで非常に効果的なセラピーの実績を上げる3人の天才セラピストを研究するところから始まったのです。

その3人の天才セラピストとは、

ゲシュタルト療法のフリッツパールズ

家族療法のバージニアサティア

催眠療法のミルトンエリクソンです。

当時バンドラー博士はカリフォルニア大学のグリンダー博士の言語学のクラスの学生でした。彼らはこの3人の天才セラピストを徹底的に調査研究します。

その観察と分析の中から、彼はあることに気がつきました。3人の天才セラピストがクライアントと話をする時、手法は違っても、その話し方や解決に導くパターンに共通点があることを発見したのです。

その共通点を分析しその戦略(やり方)を誰にでもできるように一般化することで、全ての人が使える技術として確立することに成功しました。それがNLPの始まりです。

そして1975年、彼らの初めての書籍「魔術の構造」が出版されます。これが、NLPの始まりといわれています。この書籍は、現在最高の頭脳といわれるマサチューセッツ工科大学名誉教授のノーム・チョムスキー博士の「言語における変形論的モデル」をもとにした「言葉の使い方」に関する書籍です。それから40年、NLPは進化を繰り返しながら世界に広がる実践心理学のテクノロジーとして今に至っています。

 

■NLP を学ぶと何ができるのか?

ではNLPを学ぶことによってどんなことが可能になるのでしょうか?

NLPが効果的に機能を発揮する分野は無数にあります。探せば際限がありません。この場で全てを網羅することはできませんので、一般的な結果としてできることの代表例を挙げてみます。

1.ビジネスで成功できる。
2.人間関係の悩みを解決できる。
3.素早く信頼関係を構築できる。
4.コミュニケーション能力が向上する。
5.目標達成の方法を身に付けられる。
6.自分が捨て去りたい習慣や癖を止められる。
7.人を指導したり効果的な教育ができる。
8.影響力を身につけ、リーダーやマネージャーとして成長できる。
9.コーチング・カウンセリン・セラピーなどの対人支援の技術が向上する。
10.自他ともに、その問題解決ができる。

NLPを勉強することによって、このように、いろいろな結果を出すことができるようになります。このほかにも、人の行動や意識活動において、あらゆることに活用が可能です。

そして、その学習のプロセスにおいて、脳の仕組みや認知の仕組みを理解していきます。加えて、自分の感情や思考そして行動を無理なく自分で選択し、決定していくことを学びます。

NLPとは創始者であるリチャードバンドラー博士が言うように、成功者の思考方法や行動様式を分析し一般化し、誰にでも使えるように再構成、進化させてきたものです。

つまり、簡単に言うとNLPを学ぶこと」 は、「成功者の思考方法や行動様式を身につけること」 なのです。「生き方」を学ぶと言っても過言ではないでしょう。

 

■NLPビジネスプラクティショナーとは?

さて、NLPビジネスプラクティショナー とは一体どういうものでしょうか?

先ほどお話ししたように、NLPはもともと天才セラピストの技術をもとに作られており、欧米を中心にセラピーの技術をして広がってきました。しかし、現在ではそういった分野だけでなく、特にビジネス分野やスポーツ分野で大きく広がってきました。そして今なお、医療や教育の分野でもその有効活用が広がってきています。

その中で、NLPビジネスプラクティショナーコース」とは、特にビジネスシーンにおいて、いかにNLPを応用し、効果的に実績を上げるかということを学んでいく、実践的なビジネスセミナーなのです。

ビジネスで成功する人は、人の心理や感情、心の動きについて非常によく理解しているということが知られています。

例えば、毎日のように見るテレビの中で、色々な商品のコマーシャルがあります。あのコマーシャルの制作方法の中でNLPのテクニックはふんだんに使われています。

マーケティングの達人は、人の心の動きと思考を読みどのように表現すると人は反応するかということを研究し続けています。これも NLPの中で学べるテクニックのひとつです。

天才的な営業マンは、どのように物を売っているのでしょうか?これもお客様の心の動きと思考を読み、どのように表現しどのように説明すると、人が買いたくなるかということに対する元気を続けています。これもまた、NLPの中に多くのヒントが隠されています。

また、ビジネスマンにおける最大の悩みは、人間関係と言われています。この人間関係の問題をどのように解決していくか?あるいは、いかに良い人間関係を作り、居心地のいい、そして成功を迎えることのできるチームを作ることができるのか?といったこともNLPの中で学ぶ非常に貴重なテクノロジーとなります。

このように、NLPビジネスプラクティショナーでは、NLPを応用し、ビジネスで成功する方法を解説していきます。

NLPビジネスプラクティショナーコースでは、成功者の思考方法や行動様式を身につけていただきます。そして、その応用は無限にあります。そのテクノロジーをマスターし、あなたの無限の可能性をビジネスの世界で試してください。それは本当に楽しみなことになるでしょう。

そうなのです、パンドラ博士とグリンダ―博士は、ビジネスの世界においても、我々に無限の可能性を見せてくれています。

B-semi講座紹介

PAGE TOP

Copyrighted Image