B-semi米国NLP™協会認定マスタープラクティショナーコースとは?

NLPとは、全ての人が、今すぐ実践的に使える心理学です。

米国NLP™協会認定マスタープラクティショナーコースは、プラクティショナーコース修了した方が受講できる上級コースです。
習得すると、ご自身のビジョン・ミッションの達成可能性を飛躍的に伸ばすことができるようになります。

8日間でNLP(神経言語プログラミング)の応用スキルを習得します。

NLPプラクティショナーコースで心理学的テクノロジーの基本スキルを学ばれた方が、更にその内容を深め、より高度にご自身の「知覚のフィルター」を分析しながら、
成功するプログラムを創り上げるためのテクノロジーを学んでいただきます。
今までご自身があまり考えたことのない自分を発見することができるかもしれません。

 

さて、皆さんは信念や価値観が、どのようにできていくか知っていますか?
自分の戦略(やり方)や思考のパターンはどうやって構築されるのでしょうか?

これを学び、応用する方法を習得するのがマスタープラクティショナーコースです。

では、ここで少し信念や価値観がどうやってできたのか?考えてみましょう。

例えば、
子供のころ親から「怒らないから本当の事言ってごらん。」と言われ、正直に、本当の事を言って怒られたような経験はありませんか?

私はこんなことが一度や二度ではありません(笑)

そして小学生も高学年になると、友達との話の中で「絶対内緒にするから」とか「絶対言わないから話してみ」とか言われることが有りました。
話さないと「徳永君は俺のこと信用してないのね」とか言われ、迫られて秘密を話したら、翌日学校で自分が言ったことをクラスにばらされてしまったようなことがありました。

その辺りから、私には「人に話すと自分にとって良くないことが起こる。」と言った考え方が芽生え始めました。
そうこうしているうちに「人には自分の考えを言わない方がいい。」 という考え方が信念のようになってきました。

そうなってくると、ちょっとどうかな?と思いながら試しに自分の考えを言ってみた時に、同じようなことが起こると「やっぱりそうなんだ。人には自分の意見を言わない方がいい。」という考えが起こり、信念として強化されていくようになりました。

この信念はNLPを学んでから、別の信念に入れ替えたので、今は有りませんが、実際このプログラムで私は生きてきていました。

今、お話した様に、このような経緯で一つの信念は形成されていきます。
この仕組みを理解した時に、あるいは、これを理解して信念を考えた時、私たちにはどのような可能性があり、何ができるのかを知る事ができます。

その習得の場が、NLPマスタープラクティショナーコースとなります。

せっかくなので、ここで信念と価値観を簡単に解説しますと次の様になります。

信念とは、人の経験と価値観を結びつける重要な役割を果たします。どういうことかというと五感で学び取る経験や体験がその人の学習となって、その人の信念を創ります。
そして、その信念に従って行動したり、考えた時に、何を大事にしなければいけないのかという結論に達します。それが「価値観」です。

一度価値観ができてしまうと、今度はその価値観に人は縛られます。つまり、価値観を大事にすることによって、自分の信念は強化されていきます。
そうなると、自分がなにかの体験をするとき、自分の知覚のフィルターにある強化された信念を使うことによって、体験に削除・歪曲・一般化を起こします。
するとまた、信念に合致する経験が増え、信念がまた強化されていくわけです。

それでは皆さん、 改めてNLP マスタープラクティショナーでは、何を学ぶのかご存知ですか?

マスタープラクティショナーでは自分のプログラムを深く知ることになります。信念や価値観、自分の戦略、無意識に使う思考のプログラムを詳しく学びます。

なんだ、そうなんですか?という声が上がるかもしれません。
信念や価値観ぐらい、自分のことはわかっているから習う必要なんてないよ。
そういったふうに、思うかもしれません 。確かにそのように考える人の方が多いかもしれません。
なぜなら、人は自分の信念や価値観が、どんなもので、どこにあるか知っていると思ってるからです。

さて本当にそうでしょうか? 「私はこういう人だから」「俺はこういう人間だから」と言うセリフを聞いたことがありませんか?私はしばしば聞くことがあります。

その時あなたはどんなことを感じたでしょうか?

私はいつも「そう言ってしまうと、全て自分を分かってるように見えるけれども、自分が気が付いてない自分もあるんじゃないのかな?」と思います。

皆さんはどうでしょうか?

実は、人には自分の気がついていないプログラム、信念や価値観、戦略を持っているのです。
それを知り、考えて行く事が、自分のプログラムを深く知るという事です。
それに気付くことができ、考え、伸ばしていく時間が、NLPマスタープラクティショナーコースの時間なのです。

その理解と思考が、無意識の使い方を学ぶということに繋がるのです。

そして、NLP マスタープラクティショナーコースの学びが何を与えてくれるかお話します。

このコースでは、自分の持つプログラムを知り、意識と無意識を一致させることができるようになります。
その結果、より自分の目標を達成する可能性を高めてくれるということです。
また、 自分のプログラムを知ることは、他人のプログラムを理解することにも通じます。
他人のプログラムを理解すると、コミュニケーションをより豊かになり、影響力も大きくなってきます。
結果として、自分自身は自分自身として生きることが楽になり、心をより自由にすることができるようになるのです。

そのように設計されたコースが、 NLP マスタープラクティショナーコースです。

また、コースのもう一つの目的は、プラクティショナーコースが基本のインプットだとすると、マスタープラクティショナーコースはアウトプットの場だと言うことです。

物事をマスターするのに、必要な過程は、インプットとアウトプットです。

アウトプットしてこそ、その学習が身につきます。そして、影響力を高めるためにもアウトプットが重要となるのです。

ぜひマスタープラクティショナーコースを受講され、ご自身の能力を高め、心を自由にする仕組みを持ち帰ってください。

 

NLPはパソコンのOSに例えられるほどの、何にでも使えるベーシックなスキルです。
そして、世界共通の洗練されたカリキュラムに従いしっかり体系立ててNLPを学ぶことで、自分なりの活かし方や応用力が手に入ります。

<B-semi NLP講座のポイント>

“知っている事”と“実行している事”には大きな違いがあります。
NLPは知識を超えた「使える心理」を理解と実践を繰り返しながら習得していきます。

理解を深めるために必要な抽象的な「概念」と「理論」を、実践的な「行動」と「感性」の両方向からバランスよく織り交ぜた体験学習をしていただきます。
あなたの知的好奇心を満足させながら自己発見と自己成長を目指します。

NLPは具体的に何の役に立つのか?

1. ビジネスで成果を出すために役立つ
2. 人間関係を円滑にするために役立つ
3. コミュニケーション能力の向上に役立つ
4. 自分自身の目標達成に役立つ
5. 自分の困っている習慣を変化させたり、止めるのに役立つ
6. 人を指導し教育するために役立つ
7. 影響力のある効果的なプレゼンをするために役立つ
8. コーチング・カウンセリング・セラピーなどの対人援助に役立つ
9. 問題解決に役立つ(「できない」が「できる」になる)
10. その他(あなたの望む事で、役立つ)

NLPマスタープラクティショナーコースで取り扱う内容(一部ご紹介)

①NLPプラクティショナーとしてNLPを統合的に使う。
・NLPプラクティショナーの確認
・プレゼンの基本、立ち方(安定・ゆれない)
・戦略とモデリング
・インスタントモデリングアンカー
・アウトカムの設定
・よくまとめられたゴール
・一致と不一致 ほか
②無意識にアクセスし、無意識を自由に操る!
・パワーアップクエスチョン
・催眠誘導
・メタファ
・誘導文の作り方
・暗示文の作り方
・トランス誘導の原則
・知覚のポジション(3人のメンター)
・ディズニー・ストラテジー ほか
③信念という絶対的な成功へのエネルギーを手に入れる。
・信念 (ビリーフ)
・ビリーフチェンジ
・スライトオブマウス
・閾値パターン ほか
④人生にとって一番大切なものはなにか?人生を後悔しないために!
・価値(バリュー)と価値基準(クライテリア)
・TDサーチ
・選択のタイムライン
・ステートと推進システム ほか
⑤思考のパターンを知り、人間関係と交渉の達人になる!
・メタプログラム
・ステーション
・交渉 ほか
⑥説得の技術、プレゼンテーションは自分の世界を変える!
・スタッキングリアリティ
・チェーンリンキングストーリー
・ネステッドループプレゼンテーション
・マルチレベルのコミュニケーション
・空間のアンカー
・時制と空間の言語
・ステーション ほか
⑦成功への戦略を学ぶ、戦略の導出とインストールを実践する!
・モデリング
・ストラテジー
・SCOREモデル
・ステーション
・カウンセリング/コーチングセッション
⑧望ましい人生のための設計図を創り、成功へ向かって歩き始める!
・ニューロロジカルレベル
・フローティングタイムライン
・ステーション
・プレゼンテーション (ネステッドループを使って) ほか

■米国NLP™協会認定マスタープラクティショナー認定書について

8日間の全プログラムを修了された方には、米国NLP™協会発行、創設者リチャード・バンドラー博士の直筆サイン入り、「米国NLP™協会認定NLPマスタープラクティショナー認定書」が授与されます。
世界中で通用する最も価値ある認定証です。
本資格取得後は、名刺や肩書きに米国NLP™協会認定NLPマスタープラクティショナーと記入することが出来ます。

【セミナー名称】米国NLP™協会認定マスタープラクティショナー8日間コース
【開催日】土日コース
①2018年2/17、18、3/17、18、4/21、22、5/13、20
②2018年10/20、21,11/10,11,12/8、9,2018年1/12,13
※振り替え可能です
【講師】
徳永哲也トレーナー
【開催時刻】
10:00~18:00
【開催場所】
BIZTecトレーニングセンター(5F)
〒108-0014 東京都港区芝5-19-4 芝5ビル5F / 03-5444-6021
【定員】10名 (最少催行人数:4名)
【受講料金】
標準価格:280,000円(税込)※テキスト代を含む
再受講価格:75,600円(税込)※別途テキスト代 10,800円
【お支払い方法】
カード払い/銀行振込

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

B-semi講座ラインナップ

PAGE TOP
error: Content is protected !!