すごいな!「言葉の影響力」

みなさんの子どもの時の「夢」って何ですか?

私の子どもの頃の夢は、ヤマハのエレクトーンの先生になることでした。
先生のことが大好きで、私は密かに先生を観察しモデリングしてました。

そして、先生の素晴らしい言葉の数々にも影響を受けてきました。
今の私へと導いてくれたのかもしれません。

その言葉とは、
「私、エレクトーンの先生になりたいんです」
「講師ってね、ただ楽器が上手に弾けるだけじゃないのよ、講師に必要なのは教養なの」

「教養」という言葉を初めて中学生の時に聞いた衝撃度!
今でもはっきり覚えてます。

「教養」ってなんだろう?

楽器のレッスン以外にも様々なことを伝えて頂きました。
クリスマスには、おしゃれ気分で三軒茶屋の教室近くのカフェで美味しいケーキと紅茶を頂いたり、
先生の素敵なファッションコーディネート術、音楽の話・・・
社会的なお話や先生の学生時代のお話、そしてちょこっと恋愛話などなど・・・
それから、先生の姿勢の美しさ、いわゆる所作・・・
中学生の私には異次元な大人のステキな世界!

高校生になっても、私の知らない憧れの世界はずっと続きました。
先生は、たくさんのプレイヤーのコンサートも連れて行ってくれました。

他にも凄いなーと思ったものの一つに、先生は長く音楽をやってこられてきたのに、音大出身ではなかったことです。
私が一番に衝撃的だったのは、そこかもしれません。
いわゆる、港区のお嬢様学校。

音楽講師=音大、ではなかったのです。
ここがポイントで、
”エレクトーンの先生だからといてって音大でなくてはならない”なんてことはないんだ、
ということに気づかせてくれたのです。
その事実は、私の可能性や選択肢を広げてくれるものでした。

その後、結局、一般企業に就職しましたが、エレクトーンは継続し35才でエレクトーンの上級グレードに合格。
40才でエレクトーンハウスのインストラクターになって、子どもの頃の夢はここで実現化しました。
その時に思ったのは、やっぱり指導に着く人には、技術や知識よりも、なにより「教養」は大事だなと実感。

ほんとに「教養」ってとても大事だと実感してます。
身につくもの、そして、人の印象をかもし出し、印象を与えるものだから。
習い事や学業を存分にさせてくれた両親にも感謝ですね。

この言葉がなかったら、私はどのように成長していたでしょうか。

今、私は講師となり、人にNLP(神経言語プログラミング)を伝える仕事をしています。

常に講師としての心がけを大事にしていきたいと思います。

(すだっち)

NLP(神経言語プログラミング)認定コース

B-semi講座紹介

PAGE TOP

Copyrighted Image