2月生募集!神経言語プログラミング NLPプラクティショナー認定コース(8日間)

NLPとは、全ての人が、今すぐ実践的に使える心理学です。

NLPコースでは何を教えてもらえるの?
わかりやすくいうと、プライベートからビジネスまで、恋愛、家族、医療、仕事と全てのジャンルで成功してきた人たちが活用している技術を学ぶコースです。
「自分を知る」ことから始まり、コミュニケーション能力、目標達成、問題解決と、我々に多くの選択肢を与えてくれる画期的な心理学です。

NLPプラクティショナーコースは、8日間でNLP(神経言語プログラミング)の基本のスキルを習得します。
コース修了後には、米国NLP™協会発行のNLPプラクティショナー認定書を授与いたします。

————————–————————–———-

NLPとは?
“脳の取扱い説明書“とも言われています。
NLPを学ぶことで、人間の思考や言葉、行動を司る脳の機能や特徴を理解することができます。
人間が、どのように外界の情報を認識し、記憶し、考えて行動するかを理解し、自分にとってベストな生き方を知り、楽しく実践することが”ゴール”です。

B-semiのNLPは、脳科学分野の情報を取り入れながら、徳永トレーナー監修のもとNLPのコンテンツを研究しています。授業ではそれらを集約したオリジナル教材を使用します。

そして、NLPのユニークなグループワークをすることで更にNLPの学習効果を高め、深層に落とし込んでいきます。
ビジネス、医療、教育の場はもちろんのこと、コーチング・カウンセリング・セラピー等の対人支援の分野でも、大変有効に使うことができます。

NLPはパソコンのOSに例えられるほどの、何にでも使えるベーシックなスキルです。
そして、世界共通の洗練されたカリキュラムに従いしっかり体系立ててNLPを学ぶことで、自分なりの活かし方や応用力が手に入ります。

<本コースで学ぶNLPの3つのテーマ>
①自分を知る
②自己実現
③問題解決

<本コースで学ぶNLP講座のポイント>

“知っている事”と“している事”には違いがあります。NLPは知識を超えた「使える心理」を理解と実践を繰り返しながら習得していきます。
理解を深めるために必要な、抽象的な概念と実践的な行動を両方向からバランスよく織り交ぜた体験学習で知的好奇心を満足させながら自己発展を目指します。

<NLPは具体的に何の役に立つのか?>

1. ビジネスで成果を出すために役立つ。
2. 人間関係を円滑にするために役立つ。
3. コミュニケーション能力の向上に役立つ
4. 自分自身の目標達成に役立つ。
5. 自分の困っている習慣を変化させたり、止めるのに役立つ。
6. 人を指導し教育するために役立つ。
7. 影響力のある効果的なプレゼンをするために役立つ
8. コーチング・カウンセリング・セラピーなどの対人援助に役立つ。
9. 問題解決に役立つ (「できない」が「できる」になる)
10. その他(あなたの望む事で、役立つ)

<NLPプラクティショナーコースで取り扱う内容>
※一部紹介
◆NLP(神経言語プログラミング)イントロダクション
学習の4段階
知覚のフィルター
なぜかうまくいくNLPの前提
キャリブレーション
◆一瞬で信頼関係を結ぶ「心と身体と言葉の使い方」
ラポール
ペーシング
表象システム
視線解析
◆人生を五感で感じ、いきいきと生きる!
サブモダリテイ
アンカー
ニューロロジカルレベル
ステート
◆心を自由にする選択肢の増やし方。
メタアウトカム
ビジュアルスカッシュ
リフレーミング
◆「削除された情報」を取り戻す効果的な話法とは?
メタモデル
効果的な質問
◆無意識を自由自在に操るミルトンモデル!
ミルトンモデル
催眠誘導
メタファー
◆過去を書き換え、未来を体験するタイムライン!
タイムライン
◆心の問題解決を体験してみる。
恐怖症の治療
スウッシュパターン
◆望ましい人生のための戦略を学ぶ。
モデリング
TOTEモデル
ストラテジー
◆目標達成・自己実現に向かって!
目標設定(アウトカム)

【講師】
須田由美子(NLPトレーナー・NLPコーチングトレーナー)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日程】
2018年(月1回土日コース)
2/24(土)2/25(日)
3/24(土)3/25(日)
4/28(土)4/29(日)
5/26(土)5/27(日)

2018年予定
3月、8月、10月 ※振替受講ができます

【受講費】
280,000円(税込)テキスト込
・認定申請費別途 32,400円
※銀行振込/カード(分割)可能
【会場】
BIZTecトレーニングセンターB-semi
【お問合せ】
TEL:03-5444-6021(平日10:00-17:00)
Email:info@b-seminars.com

B-semi講座紹介

PAGE TOP

Copyrighted Image