アドラー心理学

アドラー心理学
「勇気づけ」ワークショップセミナー

「嫌われる勇気」で一躍心理学ブームを巻き起こしたアドラー心理学。 体験教室でアドラー心理学をマスターし実践に活かそう!

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」

なぜ人は悩むのでしょうか?
「嫌われる勇気」で一躍心理学ブームを巻き起こしたアドラー心理学。
アドラー心理学は、人の心の求める本質に迫る心理学です。
アドラーの言葉によって、心の安堵感を覚え、気づきを得て、苦境から逃れた人はたくさんいることでしょう。
アドラーの【勇気づけ】とは、とかく悩みの多い人との関係性を、タテ関係ではなく、同じ目線で寄り添えるヨコの人間関係を重視しています。実際、勇気づけの手法は、企業や教育現場、子育ての分野などでも注目されています。最近では、その手法の効果、そして期待もあり、様々な分野からのニーズが広がりつつあり、「組織の活性化」といった様な、具体的なテーマに沿った研修に【勇気づけ】手法が活用されることもあります。

人には、「勇気づけで誰かを支援する」という貢献感をもっています。
それは、自分の所属する場所や、仲間の役に立ちたいという「共同体感覚」につながります。
その個人のモチベーションは、組織の中の自分をより意識化し、位置づけをします。自分という存在価値を認めることで、励みにもなります。そこから、自分への信頼感や幸福感が生まれてくるのです。

まず、人を勇気づけるには、まずは自分自身の心を知り、穏やかな状態でいることが大切です。
どんなに対人を支援したい気持ちがあっても、そこに自分の”主観的な思い込み”があったら、コミュニケーションや望ましい人間関係は成立しません。

このセミナーでは、アドラーの【勇気づけ】ワークを小手先のテクニックとして覚えるのではなく、グループワーク形式で「体験学習」をします。他者と五感や体感覚を通してのワークは、座学では得られない効果を発揮します。従って、【勇気づけ】手法を人とワークをすることで実践的に身に付ける訓練ができます。
この体験学習によって得られた経験を、実生活の態度やふるまいに活かし、繰り返し行動できるまで身体に染み込ませることが、この「体験教室」の一番のポイントです。

アドラー心理学【勇気づけ】のワークは、あなたが人生に起こる様々な対人関係の問題に直面した際に、今まで問題解決できなかったことを、これからは「どのようにすれば良いのか?」の答えを生む経験を与えてくれます。
答えは人が出してくれるものではなく、解決できる答えは自分の中から自分で出せることも、この学習を体験することで発見することでしょう。

アドラー心理学を体感しましょう!
自分自身のライフワークの中に透させ、自分が思い描く人生を歩む一歩を踏み出しませんか?

【このような方におすすめです】

・看護・介護関係者の対人支援に従事されている方
・職場関係(上司・部下)での人間関係の困り感がある方
・学校関係者の方。生徒・保護者などの対人関係に困り感がある方
・子育て中の方。親子の間で、どうもしっくりこない感じがする方
・その他、人付き合いや人間関係が上手くいかない方
等々

 【勇気づけのワーク カリキュラム】

第1章 さまざまな見方・考え方の存在を認める
第2章 言い方を工夫しよう
第3章 感情と上手につきあう
第4章 セルフ・トークを意識する
第5章 目的を意識する
第6章 自分の人生を引き受ける
第7章 当たり前の価値観を再確認する
第8章 勇気づけをする

 

【講師・土屋雅義から】

ワークを通じて、いろんな気づきをしてみませんか? 決して後ろ向きではなく、新たなる気づきを。 実は、このワークは何回参加しても、参加する回数の気づきがあるのです。 そんな体験をしてみませんか? きっと、これからの自分にプラスになると思います。

PAGE TOP